Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Rustock」停止で4月もスパム低レベル、フィッシング詐欺は増加

シマンテックは、4月に観測したスパムの状況を取りまとめた。3月は、フィッシング詐欺には増加が見られた。

同レポートは、200万件のメールアカウントを利用し、世界20カ国から収集したメールをもとにスパムの状況をまとめたもの。

4月のスパム割合は74.81%で、3月の74.7%から微増となった。3月にボットネット「Rustock」が停止した影響は引き続き現れており、1日の平均スパム量は3月よりさらに5.4ポイント減少した。1年前と比較すると、65.42ポイント下回っている。

4月には、オサマビンラディンの死亡に便乗するスパムが、多数発生した。関連する非公開の映像や無検閲の写真が見られるサイトへのリンクを掲載し、ユーザーの関心をあおって詐欺サイトやマルウェアサイトへ誘導する手口が確認されている。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇