Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、一部複合機にファックス誤送信の不具合 - アップデートを提供

リコーは、一部複合機のファックス機能に、誤送信が発生するおそれがあると発表した。同社では、対象商品のアップデートを実施している。

不具合が確認されたのは、「IPSiO GX3000SF」「同GX3000SF安心3年モデル」。特定条件下で同製品へ接続されている外付け電話で着信による通話を行うと、通話後最初のファックス送信時に、先頭の番号をダイアルせずに送信する不具合がある。

同社では、対象製品についてファームウェアのアップデートを実施。顧客へ連絡を取るなど対応を進めているほか、ウェブサイトにてファームウェアの最新版を提供している。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
再就職促進事業でメール誤送信、メアドが流出 - 下関市