Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査の「調査世帯一覧表」を紛失 - 長野県

長野県は、労働力調査の調査対象世帯に関する個人情報が記載されたリストを、調査員が松本市内において紛失したと発表した。

紛失したのは、調査員が労働力調査の実施時に携帯していた「調査世帯一覧表」2枚。調査対象世帯13件の氏名が記載されており、そのうち2件についてはアパートの名称や部屋番号も含まれる。また調査区の地図も添付されていた。

5月24日に紛失に気付いたもので、訪問先などを捜索したが見つからなかった。22日の調査時に、訪問先に置き忘れたと見られている。

同県では、警察へ届け出るとともに、対象世帯を個別に訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
小学校で成績一覧表など所在不明に - 大阪市
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
児童の個人情報が自転車カゴから持ち去られる - 高槻市
療養費の受給者一覧表や請求書を紛失 - 大阪府国保連
顧客情報記載の帳票が所在不明、約2000件記載か - 三重銀
委託先が個人情報記載の検針一覧表を紛失 - 長浜水道企業団
中学校で成績一覧表を置き忘れ、複数生徒が回覧 - 大阪市
教育委員会職員が個人情報記載のノートを紛失 - 尾道市