Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリアショップサイトで顧客情報約1万6000件が流出の可能性 - カード情報7000件含まれる

ミサワが運営するインテリア販売サイト「unicoオンラインショップ」のウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報やカード情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、4月20日にクレジットカード会社よりカード情報の流出について調査依頼を受けて発覚したもので、その後の調査で顧客情報流出の可能性が判明した。海外から行われた不正アクセスが原因だとしている。

流出した可能性があるのは、2009年4月15日から2011年4月20日までに同社サイトで注文したり、サンプルの請求を実施した顧客情報1万6798件。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、任意で入力した届け先、パスワードなどが含まれる。

そのうち2010年1月29日から2011年4月20日までにクレジットカードで決済した7316件分については、カード番号や名義、有効期限、セキュリティコードなど、クレジットカード情報が流出したおそれがある。また476件の顧客については連絡先がわからないという。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明