Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリアショップサイトで顧客情報約1万6000件が流出の可能性 - カード情報7000件含まれる

ミサワが運営するインテリア販売サイト「unicoオンラインショップ」のウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報やカード情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、4月20日にクレジットカード会社よりカード情報の流出について調査依頼を受けて発覚したもので、その後の調査で顧客情報流出の可能性が判明した。海外から行われた不正アクセスが原因だとしている。

流出した可能性があるのは、2009年4月15日から2011年4月20日までに同社サイトで注文したり、サンプルの請求を実施した顧客情報1万6798件。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、任意で入力した届け先、パスワードなどが含まれる。

そのうち2010年1月29日から2011年4月20日までにクレジットカードで決済した7316件分については、カード番号や名義、有効期限、セキュリティコードなど、クレジットカード情報が流出したおそれがある。また476件の顧客については連絡先がわからないという。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念