Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法音楽配信サイトの運営者らに1億7000万円の損害賠償請求 - JASRAC

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、違法音楽配信サイト「第3世界」の運営者らに対し、1億7000万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

同協会によれば、「第3世界」は、ユーザー数は100万人超にのぼり、約2万タイトルの楽曲を違法配信していた携帯電話向けサイトで、運営者は2008年に摘発され、2009年2月には有罪判決が下されている。

運営者はアフィリエイト広告などで1億2000万円の収入を得ており、公判でその収入を被害の弁済にあてることを条件に情状酌量を求めたにもかかわらず、支払いに応じないことから提訴に踏み切ったとしている。

また今回の提訴では、同サイトにレンタルサーバを提供していた業者に対しても、違法配信を認識しながらサービスの提供を続けていたとして、共同での支払いを求めていくという。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用