Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務用モバイルデバイスの63%が私的に利用 - 4割が紛失や盗難を経験

マカフィーは、企業におけるモバイルデバイスの利用実態を取りまとめた。従業員の半数がデバイスに個人情報を保存しており、3割が業務上の機密情報を保存していることがわかった。

同調査は、同社の委託によりカーネギーメロン大学が実施したもので、日本を含む世界14カ国における従業員100人以上の企業で、意思決定権を持つIT担当者とモバイルデバイスのエンドユーザー1500人以上を対象に調べた。

調査結果によると、職場において業務とプライベートの両面からモバイルデバイスを利用するユーザーが増えている。

業務と個人利用の併用が最も多いのはノートPC(72%)で。次いでスマートフォン(48%)、リムーバブルメディア(46%)、外付けハードディスク(33%)、ネットブック(19%)、タブレット端末(10%)となった。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載