Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国の「終末騒ぎ」を煽るAndroid向けトロイの木馬 - 正規アプリの海賊版として出回る

シマンテックが、トロイの木馬が仕込まれた海賊版のAndroidアプリを確認した。同社では、セキュリティ対策製品において「Android.Smspacem」として検知し、駆除するよう対応した。

同トロイの木馬は、正規アプリ「Holy Fxxking Bible」の海賊版。誤ってインストールすると、再起動後から33分おきに外部へ端末の電話番号と通信事業者コードを送信する。

またリモートサーバからコマンドを取得しようと試みるほか、SMS経由やインターネット経由で命令を受信する機能も備えていた。

さらに米国では「5月21日に世界が終わる」という騒ぎが発生しており、同アプリは、5月21日と翌22日に、端末の連絡先へ騒ぎを煽るSMSメッセージを送信するようプログラムされていた。

(Security NEXT - 2011/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応