Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国の「終末騒ぎ」を煽るAndroid向けトロイの木馬 - 正規アプリの海賊版として出回る

シマンテックが、トロイの木馬が仕込まれた海賊版のAndroidアプリを確認した。同社では、セキュリティ対策製品において「Android.Smspacem」として検知し、駆除するよう対応した。

同トロイの木馬は、正規アプリ「Holy Fxxking Bible」の海賊版。誤ってインストールすると、再起動後から33分おきに外部へ端末の電話番号と通信事業者コードを送信する。

またリモートサーバからコマンドを取得しようと試みるほか、SMS経由やインターネット経由で命令を受信する機能も備えていた。

さらに米国では「5月21日に世界が終わる」という騒ぎが発生しており、同アプリは、5月21日と翌22日に、端末の連絡先へ騒ぎを煽るSMSメッセージを送信するようプログラムされていた。

(Security NEXT - 2011/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト