Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、SSL VPN製品とOTP認証をパッケージ化

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、パルソフトウェアサービスと協業し、リモートアクセスソリューション「SSL MAX」の提供を開始した。

同サービスは、SSL VPNによるリモートアクセスを実現する同社アプライアンス「WatchGuard SSL100」「同560」とクラウド型ワンタイムパスワード認証サービスをパッケージ化した拠点間接続サービス。

ウイルス対策ソフトの導入など、接続端末におけるセキュリティの遵守状況をチェックすることが可能。ワンタイムパスワードは、乱数表を利用しており、ハードウェアトークンなどを導入せずに利用できる。

月額ライセンスのレンタルサービスとして提供するため、機器を購入せずにリモートアクセス環境を導入できる。同社では、同サービスの提供にあたり、「iPhone」「iPad」との連携モジュールを開発しており、今後公開する予定。

(Security NEXT - 2011/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Juniperから事業譲渡受けた米Pulse Secure、日本法人を設立
日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供
ソリトン、リモートアクセスソリューションにジェイルブレイク検知機能を追加
米Remotiumの仮想基盤活用するBYOD環境構築ソリューション - 日立ソリューションズ
アルテリア、SDNを利用したMDMサービスをリリース
KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス
「NOSiDE」が不許可アプリの検出に対応 - NTTデータ先端技術
「FFR yarai」が「DLLプリロード攻撃」に対応 - 「.NETマルウェア」の攻撃も防御
NTTPC、公私分離でBYODを実現するリモートアクセスサービス
NTTデータ先端技術、RDP接続に特化したリモートアクセス検疫ソリューション