Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJVNバージョンチェッカ」の対応ソフトが拡充 - 「OpenOffice.org」などに対応

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェアのバージョンチェックツール「MyJVNバージョンチェッカ」の対象ソフトを拡充した。

同ツールは、PCにインストールされたソフトウェアのバージョンを確認できるWindows向けツール。主要ソフトが最新版であるか気軽に確認することができ、脆弱性対策に活用することができる。

今回あらたにメールクライアント「Becky! Internet Mail」、オフィススイート「OpenOffice.org」、仮想化ソフト「VMware Player」を追加し、12種類に対応した。これらソフトを含む執筆時点の対応ソフトは以下のとおり。

Adobe Flash Player(Active X版)
Adobe Flash Player(Plug-in版)
Adobe Reader
JRE
Lhaplus
Lunascape
Firefox
Thunderbird
Quick Time
Becky! Internet Mail
OpenOffice.org
VMware Player

(Security NEXT - 2011/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続