Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロードリーフ、端末の操作ログ管理や操作の制限が行えるソフトを発売

ブロードリーフは、PC端末の操作ログの収集、分析やセキュリティポリシーの設定など一元管理が行えるソフトウェア「NetSpike」を5月25日より発売する。

同製品は、エージェントをインストールしたクライアントPCにおけるウェブの閲覧履歴やファイル名の変更、データの書き出しなど操作ログ情報をサーバに収集し、監視が行えるソフトウェア。

またエージェントがインストールされた端末におけるネットワークアクセスや印刷、メール送信、ファイル保存などを制限することが可能。ソフトウェアのライセンス管理にも対応している。

価格は、クライアントPC10台に対応するパッケージが52万5000円から。別途保守サービス費用が必要。

(Security NEXT - 2011/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック
FAE、操作制御やログ機能を搭載する「InfoBarrier」に新版
MOTEX、中小企業向けにセキュリティアプライアンス
クオリティソフト、クラウド型セキュリティ管理ソフトに新版