Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、クーポン利用した電子証明書の再販制度を導入

GMOグローバルサインは、同社電子証明書の再販パートナー制度に、クーポンを利用した新制度を導入した。

クーポンを利用した同制度では、パートナーが電子証明書を発行できるクーポンを販売するもの。購入者はクーポンコードを同社サイトへ入力し、電子証明書を受け取るため、販売したパートナーによる購入者へのサポートが不要。

同制度による販売は、パートナープログラムへ参加する必要がある。プログラムは、電子証明書の代金を一括で入金する「プレミアムパートナー」と、案件ごとに対応する「オーセンティックパートナー」の2種類が用意されている。

同制度による再販は、サービス開始当初「マネージドPKI Lite」のみ対応するが、同社では、今後対応する商品を拡大する計画。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
日本IBM、SIEM製品のパートナーを拡充
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書