Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、クーポン利用した電子証明書の再販制度を導入

GMOグローバルサインは、同社電子証明書の再販パートナー制度に、クーポンを利用した新制度を導入した。

クーポンを利用した同制度では、パートナーが電子証明書を発行できるクーポンを販売するもの。購入者はクーポンコードを同社サイトへ入力し、電子証明書を受け取るため、販売したパートナーによる購入者へのサポートが不要。

同制度による販売は、パートナープログラムへ参加する必要がある。プログラムは、電子証明書の代金を一括で入金する「プレミアムパートナー」と、案件ごとに対応する「オーセンティックパートナー」の2種類が用意されている。

同制度による再販は、サービス開始当初「マネージドPKI Lite」のみ対応するが、同社では、今後対応する商品を拡大する計画。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開