Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、クーポン利用した電子証明書の再販制度を導入

GMOグローバルサインは、同社電子証明書の再販パートナー制度に、クーポンを利用した新制度を導入した。

クーポンを利用した同制度では、パートナーが電子証明書を発行できるクーポンを販売するもの。購入者はクーポンコードを同社サイトへ入力し、電子証明書を受け取るため、販売したパートナーによる購入者へのサポートが不要。

同制度による販売は、パートナープログラムへ参加する必要がある。プログラムは、電子証明書の代金を一括で入金する「プレミアムパートナー」と、案件ごとに対応する「オーセンティックパートナー」の2種類が用意されている。

同制度による再販は、サービス開始当初「マネージドPKI Lite」のみ対応するが、同社では、今後対応する商品を拡大する計画。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減