Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、クーポン利用した電子証明書の再販制度を導入

GMOグローバルサインは、同社電子証明書の再販パートナー制度に、クーポンを利用した新制度を導入した。

クーポンを利用した同制度では、パートナーが電子証明書を発行できるクーポンを販売するもの。購入者はクーポンコードを同社サイトへ入力し、電子証明書を受け取るため、販売したパートナーによる購入者へのサポートが不要。

同制度による販売は、パートナープログラムへ参加する必要がある。プログラムは、電子証明書の代金を一括で入金する「プレミアムパートナー」と、案件ごとに対応する「オーセンティックパートナー」の2種類が用意されている。

同制度による再販は、サービス開始当初「マネージドPKI Lite」のみ対応するが、同社では、今後対応する商品を拡大する計画。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
脆弱性見つかった6製品、開発者から応答なく未修正 - 利用中止呼びかけ
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会