Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、企業向けウイルス対策製品ユーザーの在宅勤務を支援

ソフォスは、企業の在宅勤務を支援するとして、同社のエンドポイントセキュリティ製品の企業ユーザーを対象に、従業員の自宅PC用ライセンスを提供する。

東日本大震災後、事業継続や節電対策に対応するため、在宅勤務の導入を検討する企業が増加しており、ライセンスの提供方法を見直した。

購入したライセンス数の範囲であれば、同社のウイルス対策製品「Sophos Anti-Virus」を、従業員の自宅PCで利用できる。利用には、同社へメールによる申請が必要。

対象となるのは、エンドポイントセキュリティ対策製品「Endpoint Security and Control」または「Endpoint Security and Data Protection」のユーザー企業。官公庁および地方自治体は対象外。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSOK、事業継続計画の対策サービスをワンストップで提供
アイピーキューブ、OTP認証サーバのライセンスを期間限定で割引
日本オラクル、パートナーと在宅勤務ソリューションを展開
シトリックスとアイネット、DaaSの提供で協業
ジャパンシステム、震災の被災企業へリモートアクセス製品を無償提供
JS3、震災により在宅勤務を実施する企業にプライベートCAを無償提供
ソニックウォール、SSL VPNアプライアンスを1年間無償で貸与
ソフトイーサ、リモートデスクトップソリューションを無償解放 - 震災による交通混雑や消費電力削減を支援
USBキーやサーバ、設定まで提供する在宅勤務支援ソリューション - 大塚商会と日立ビジネス
レスキューナウら3社、シンクライアントを活かしたパンデミック対策ソリューションで協業