Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員宅のLAN経由で業務PCがウイルス感染、顧客情報がネット流出 - ミスミグループ本社

ミスミグループ本社は、従業員宅のLANに接続されていた業務用PC内の顧客情報がネット上へ流出したと発表した。

流出したのは、2009年度の月次購入集計データ、および2010年1月15日から4月5日の発注データ。顧客企業や納入先の担当者氏名、ファックス番号、購入金額、請求情報など3万6504社分の情報が含まれる。

従業員の私有PCがウイルスに感染し、さらに同じ自宅内LANに接続していた会社貸与の業務用PCへ感染。内部に保存されていた顧客情報入りのファイルが、5月3日から5日にかけてネット上に流出したという。

同社では、流出した情報の詳細に関する問い合わせには、個別に対応するとしている。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包
社外協力者の個人情報が流出した可能性、関連情報がネット上に - ユニクロ
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県