Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員宅のLAN経由で業務PCがウイルス感染、顧客情報がネット流出 - ミスミグループ本社

ミスミグループ本社は、従業員宅のLANに接続されていた業務用PC内の顧客情報がネット上へ流出したと発表した。

流出したのは、2009年度の月次購入集計データ、および2010年1月15日から4月5日の発注データ。顧客企業や納入先の担当者氏名、ファックス番号、購入金額、請求情報など3万6504社分の情報が含まれる。

従業員の私有PCがウイルスに感染し、さらに同じ自宅内LANに接続していた会社貸与の業務用PCへ感染。内部に保存されていた顧客情報入りのファイルが、5月3日から5日にかけてネット上に流出したという。

同社では、流出した情報の詳細に関する問い合わせには、個別に対応するとしている。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる