Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、アクセス管理ソリューションにセッション録画のオプション

CA Technologiesは、アクセス管理ソリューションの「CA Access Control Premium Edition」のオプション機能「Session Recording」を提供開始した。

同オプションは、ユーザーの作業内容を自動的に記録するオプション機能。ユーザーの操作画面を録画したいとの需要が増加していることから機能を追加したもの。従来のテキストログとあわせて一元管理することができる。

同オプションの価格は、5ライセンス利用時の参考価格は52万5000円。サイトライセンスは、525万円。

また同機能に「CA Access Control Premium Edition」において、特権や共有IDを貸し出す「パスワード貸出機能」を組み合わせ、6月1日から11月30日まで「特権ID管理自動化パック」として期間限定で提供する。価格は480万円で、20管理対象まで対応する。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA