Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee、クラウド保護のプラットフォームを発表 - Intelの技術も活用

米McAfeeは、複数のセキュリティモジュールを単一プラットフォーム上で実行できるクラウド向けプラットフォーム「McAfee Cloud Security Platform」を発表した。日本市場における展開時期は未定だという。

同プラットフォームは、McAfeeとIntelのセキュリティ機能を組み合わせ、企業とパブリッククラウドでやりとりされるデータや、クラウド間のトラフィックを保護を目指したもので、企業が実施しているセキュリティ対策やポリシーを、クラウド全体に適用できるという。

モジュール方式のソリューションとして提供し、当初McAfeeの情報漏洩対策を実現する「DLPソリューション」やマルウェアからの保護を実現する「ウェブセキュリティ」「メールセキュリティ」を提供。

クラウドにおいてシングルサインオンなどユーザー認証を実現するIntelの「アイデンティティ管理」、アプリケーションの保護や制御、データ変化、IDトークンの交換機能など備えた「API&ウェブサービス」を提供する。

さらに「Intel Expressway Service Gateway」と機能統合し、アプリケーションにおけるを提供する「ウェブサービスセキュリティ」を用意。

いずれのモジュールも、アプライアンスやSaaS型サービスとして配置でき、同社の一元管理ツールなど利用して統合管理できる。同社ではプラットフォームに組み込まれたAPIを利用した追加モジュールを今後提供する予定。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験