Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けセキュリティアプリの無償利用期間を延長 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、Android向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Mobile Security 9」のバージョンアップに伴い、無償利用期間を当初の1カ月から12月31日まで延長する。

同製品は、Android端末向けのセキュリティ対策アプリ。マルウェア対策のほか、迷惑電話やSMSスパムのブロック、端末紛失時の遠隔ロックやデータ消去などの機能を提供する。

今回のバージョンアップ版では、Android OS 2.3に対応したほか、パフォーマンスが従来バージョンに比べて40%向上。さらに最新版では、これまでは無償利用期間を1カ月としていたが、12月31日まで延長した。

既存ユーザーはユーザー登録をすることにより、同日まで延長することができる。

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能