Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けセキュリティアプリの無償利用期間を延長 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、Android向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Mobile Security 9」のバージョンアップに伴い、無償利用期間を当初の1カ月から12月31日まで延長する。

同製品は、Android端末向けのセキュリティ対策アプリ。マルウェア対策のほか、迷惑電話やSMSスパムのブロック、端末紛失時の遠隔ロックやデータ消去などの機能を提供する。

今回のバージョンアップ版では、Android OS 2.3に対応したほか、パフォーマンスが従来バージョンに比べて40%向上。さらに最新版では、これまでは無償利用期間を1カ月としていたが、12月31日まで延長した。

既存ユーザーはユーザー登録をすることにより、同日まで延長することができる。

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS