Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けセキュリティアプリの無償利用期間を延長 - Kaspersky

Kaspersky Labs Japanは、Android向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Mobile Security 9」のバージョンアップに伴い、無償利用期間を当初の1カ月から12月31日まで延長する。

同製品は、Android端末向けのセキュリティ対策アプリ。マルウェア対策のほか、迷惑電話やSMSスパムのブロック、端末紛失時の遠隔ロックやデータ消去などの機能を提供する。

今回のバージョンアップ版では、Android OS 2.3に対応したほか、パフォーマンスが従来バージョンに比べて40%向上。さらに最新版では、これまでは無償利用期間を1カ月としていたが、12月31日まで延長した。

既存ユーザーはユーザー登録をすることにより、同日まで延長することができる。

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品