Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、ソリューション提供の子会社を設立 - 監視サービスや大規模ネットワーク向け製品を展開

マクニカネットワークスは、セキュリティソリューションを提供する子会社「マクニカソリューションズ」を設立した。

同社では、マクニカネットワークスが提供してきた企業向けソリューションや技術サポート、コンサルティングサービスなど踏襲し、さらにシステムの導入から運用までワンストップで支援する。

具体的には、米国の監視サービス大手のSolutionaryなどと契約し、セキュリティ監視サービスを提供。国内の従来サービスで対応していないデバイスについてもサービスを拡大する。

また大規模ネットワーク向けセキュリティソリューションとして、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ、Imperva Japan、ソースファイア、マカフィーなどクロスビーム・システムズの製品上で動作するソリューションをワンストップで展開していく。

(Security NEXT - 2011/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏