Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリを飛行機内で紛失 - 九州大学

九州大学経済学研究院の教授が、学生および卒業生の個人情報716件が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

紛失したのは同教授が個人的に所有しているUSBメモリ。4月18日に出張先の中国からの帰宅後に判明したもので、同メモリを使用した帰りの飛行機内で紛失した可能性が高いという。

同教授の講義を履修した学生および卒業生716人の氏名、連絡先、成績などの個人情報が保存されていた。パスワードなどは設定されていないという。航空会社に問い合わせをしたが、メモリは発見されていない。

紛失した情報の不正利用などは確認されていない。同大学では、対象となる学生と卒業生に対し、説明と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者