Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月はフィッシングで悪用されたブランド数が大幅に増加

EMCジャパンRSA事業本部は、3月に観測したフィッシング攻撃の発生状況について取りまとめた。

フィッシング攻撃数は、前月は2010年4月以来10カ月ぶりに1万8000件を超えたが、3月はやや減少して1万7586件だった。ハイジャックされたウェブサイトが利用されるケースが目立っているという。

110427em.jpg

フィッシング攻撃件数が前月より減少(グラフ:EMCジャパン)

攻撃で悪用されたブランド数は342件となり、前回の268件を大きく上回った。3月にはじめて攻撃を受けたブランド件数は5件で、6回以上を受けたブランドは約4割を占めている。

フィッシング攻撃を受けた回数を国別で見ると、米国が2ポイント増加して49%となりトップ。イギリスが30%、南アフリカが6%で前月と同様の傾向だった。

ブランド別にみると、米国が43.5%でトップ、次いで2位に16.5%のイギリス、3位に6.5%でオーストラリアが入った。4位にブラジルとインドが6%で続いた。

フィッシングのホスト国は米国が66%と他国を大きく引き離しており、2位に6.5%でカナダ、3位のイギリス、ドイツが6%と僅差で続いている。

(Security NEXT - 2011/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら