Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水道局でシステム設定ミス、個人情報が一時閲覧可能に - 新潟市

新潟市水道局の管路図閲覧システムにおいて設定ミスがあり、原則非公開とされている個人情報が一時閲覧可能だったことがわかった。

不具合が生じたのは同局の営業所や事業所の窓口で提供している管路情報の閲覧システム。4月19日13時30分から閲覧を中止した20日17時までの間、本来は非公開である氏名や住所、電話番号などの個人情報が閲覧できる状態だった。

原因はシステム修正時の設定ミスで、期間中に18件の閲覧があったが、同市では閲覧者へ個人情報を取得していないことを確認したという。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
サーバ設定ミスで個人情報を誤公開 - 宮崎大
設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載 - 取手市
大学向けクラウドで設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
NASの個人情報5万件を誤って外部へ公開 - 首都大学東京
システム設定ミスで会員のメールアドレス流出 - 中高生向けウェブ講習サービス
メーリングリストの設定ミスにより個人情報流出 - BCC利用から切替直後に
研修会の案内メール誤送信で関係者のアドレス流出 - 三重県