Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5000件超の「危険サイト」を観測、不正攻撃サイト倍増 - セキュアブレインまとめ

セキュアブレインは、3月に同社が検知した不正サイトの状況について取りまとめた。不正プログラム配布サイト以外すべて増加しており、「危険」と判定されたサイトが5000件を超えている。

レポートによれば、3月に「危険」と判定されたサイトは5007件で、2月の3382件を大きく上回った。不正プログラム配布サイト以外、すべての脅威が増加しているが、最も増加が目立ったのは不正攻撃サイトで、前月の308件から754件と倍増した。

フィッシング詐欺についても1771件と前月の1099件から急増。さらにワンクリック不正請求は前月の1101件から8割近い増加となる1973件だった。

不正改ざんサイトは381件。割合を見ると企業サイトは50%、個人サイトが39%だった。割合は小さいものの、研究機関が6%に上っており、今後の動向が注目される。ドライブバイダウンロード攻撃の割合は35.40%で、前月より減少した。

(Security NEXT - 2011/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ