Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSTら、SaaS型WAF「Scutum」のサービスメニューを強化 - 大規模サイトに対応

セキュアスカイ・テクノロジーとビットフォレストは、インターネット経由でウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供する「Scutum」のサービスメニューを強化した。

同サービスは、最近確認されたSQLインジェクション攻撃「LizaMoon」をはじめ、ウェブアプリに対する攻撃を防御するWAF機能を提供するSaaS型サービス。

対応トラフィックが10Mbpsまでの従来サービスにくわえ、処理速度を改善し、100Mbps以上のトラフィックにも対応が可能となった。

月額利用料は、10Mbpsから50Mbpsまでが15万5400円。50Mbpsから100Mbpsまでが20万7900円。いずれも初期費用は20万7900円。100Mbps以上は個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2011/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応