Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、1台から利用できる法人向けスマートフォン遠隔制御サービス

NTTドコモは、法人向け「スマートフォン遠隔制御サービス」を、4月25日より提供開始する。

同サービスは、専用のウェブサイトからスマートフォンの制御や各種設定を行うことができるセキュリティサービス。管理者からの制御指示が同社のデータセンターを経由して、各端末に適用される。

端末紛失時の遠隔ロックやデータ削除のほか、発信先制限やアプリケーション、カメラの利用制限などで業務外利用を防止する。また、ファイル一斉配信、アプリケーション情報の取得、利用制限の一括設定など端末管理効率化機能も備えている。

価格は1IDあたり315円。このほか、1台に対する1回の指示につき3.15円の従量料金がかかる。対応機種は「GALAXY S」「GALAXY Tab」「Xperia」「dynapocket T-01B」「DT-5300」。今後順次追加していく予定。

(Security NEXT - 2011/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」