Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、一元管理できるMac向けエンドポイント対策製品を発売

Kaspersky Labs Japanは、法人向けのMac用セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Endpoint Security 8 for Mac」を5月16日より発売する。

同製品は、企業や団体で利用されるIntel搭載Macの保護を目的としたセキュリティ対策ソフト。

「Mac OS X 10.6」「同10.5」「同10.4.11」のほか、「Mac OS X Server 10.6」にも対応しおり、「Mac」に限らず、「Windows」「Linux」へ感染するマルウェアについても検知することができる。

一元管理ツール「Kaspersky Administration Kit」を利用することにより、他プラットフォーム向けの製品とあわせて管理することが可能。インストールや定義ファイル、ポリシーの配布、スキャンのタスク設定など行うことができる。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル