Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、一元管理できるMac向けエンドポイント対策製品を発売

Kaspersky Labs Japanは、法人向けのMac用セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Endpoint Security 8 for Mac」を5月16日より発売する。

同製品は、企業や団体で利用されるIntel搭載Macの保護を目的としたセキュリティ対策ソフト。

「Mac OS X 10.6」「同10.5」「同10.4.11」のほか、「Mac OS X Server 10.6」にも対応しおり、「Mac」に限らず、「Windows」「Linux」へ感染するマルウェアについても検知することができる。

一元管理ツール「Kaspersky Administration Kit」を利用することにより、他プラットフォーム向けの製品とあわせて管理することが可能。インストールや定義ファイル、ポリシーの配布、スキャンのタスク設定など行うことができる。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス