Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、Android用セキュリティ対策ソフト日本語版を提供 - 100万DLを突破、無償キャンペーンも

Doctor Web Pacificは、「Android」搭載端末向けセキュリティ対策ソフト「Dr.Web for Android」の日本語版を提供開始した。

同製品は、スマートフォン向けセキュリティ対策ソフト。Android搭載機でウイルスをリアルタイムやオンデマンドでスキャンしたり、電話番号のブラックリストの編集を行うことができる。

ウイルス対策機能を提供する無償版の「Dr.Web for Android Light」とさらにスパム対策機能を追加した有償版の「Dr.Web for Android」が用意されている。

同社では、今回の日本語対応にあわせ、電話やSMS向けの柔軟性を備えたフィルタリングオプションを追加したほか、ユーザビリティについても向上させた。

同社では、「Android」にも対応した「Dr.Web Mobile Security Suite」を1年間利用できる有償ライセンス2人分を無償で提供するキャンペーン「Dr.Web Big Heart」を展開。すでに100万件以上のダウンロードを記録しているという。

同社では、同キャンペーンを2011年4月16日、17日、および4月29日から5月5日にかけて実施する予定。

(Security NEXT - 2011/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品