Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年第1四半期のインシデント件数は1883件 - 「サイト改ざん」が大幅減

JPCERTコーディネーションセンターは、2011年第1四半期に国内外で発生したセキュリティインシデントの報告状況を取りまとめた。

レポートによれば、2011年1月から3月までの報告数は1936件。同じインシデントに対する複数報告を1件のインシデントとして集計したインシデント件数は1883件で、前四半期の2638件を大きく下回った。

インシデントの拡大防止のため、サイト管理者などに対応を依頼した調整件数についても596件となり、731件から減少している。

報告件数は、2010年後半より減少傾向が続き、2011年2月には1カ月あたり553件まで減少したが、3月に大きな伸びを見せて796件まで増加している。調整件数は、1月2月と200件を割り込んだが、3月には210件まで増加した。

(Security NEXT - 2011/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測