Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、被災企業にセキュリティ製品を1年間無償提供

ソフォスは、東日本大震災の被害を受けた企業および団体を対象に、同社のエンドポイントセキュリティ製品を無償で1年間提供すると発表した。

無償提供の対象製品は、統合型エンドポイントセキュリティ製品「Endpoint Security and Data Protection」「Endpoint Security and Control」およびサーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Anti-Virus for Server License」の3製品。

厚生労働省の災害救助法が適用される市町村の企業および団体を対象としているが、東京都は除外される。同社ホームページより申請書をダウンロードし、ファックスで申し込むことで、1年間無償で利用できる。申し込みは2012年3月31日まで。

(Security NEXT - 2011/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
JAXAのウイルス感染、侵入経路は震災直後の「偽メール」
総務省のパソコン23台が新種ウイルスに感染 - 外部に情報送信
メール誤送信でキャッチコピー応募者のアドレス流出 - 岩手県
誤送信でボランティア情報希望者のメールアドレスが流出 - 神奈川県