Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振込依頼書の誤印字で聴講生の個人情報が流出 - 大阪市の高校

大阪市立中央高校が聴講生へ郵送した振込依頼書に、誤って在校生の個人情報が印字されていたことがわかった。

誤印字されていたのは、4月4日に聴講生151人あてに郵送された諸費の振込依頼書。氏名と振込金額については正しいデータが印字されていたが、住所と電話番号は在校生のものが印字されており、在校生151人のデータが流出した。

同校の教職員が聴講生のデータを印字するため、在校生の一覧表を活用してデータを上書きし、それをもとに振込依頼書を印刷。各聴講生があらかじめ自分の氏名と住所を記入した封筒に入れて発送したという。

5日に複数の聴講生から指摘があり、判明した。同校では対象となる聴講生および在校生に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
DMに別の顧客の氏名を誤って印字 - 大阪ガス
ふるさと納税寄付者へ別人の申請書を誤送付 - 平川市
DMの一部に異なる顧客の氏名を印字 - ベイシア電器
DMの一部に別人の個人情報を誤って印字 - 印刷サービス会社
設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載 - 取手市
案内状の宛名ラベルに性別と生年月日、指示ミスで - 宮代町