Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃「LizaMoon」の狙いは「カード情報」

G Data Softwareは、3月29日から4月4日にかけて被害が拡大したSQLインジェクション攻撃「LizaMoon」の詳細を明らかにした。

同社によれば、今回確認されたSQLインジェクション攻撃は、マイクロソフトの「SQL Server」をベースにした古いバージョンが動作するCMSが攻撃対象となったという。改ざん規模は、数十万単位に及び、依然として数千のサイトが改ざんされた状態が続いている。

不正コードの誘導先となっているサイトでは、動画によりオンラインウイルススキャンを実施しているように見せかけていた。

さらにユーザーを動揺させる「偽アラート」により、偽セキュリティ対策ソフトをインストールさせ、ライセンスの購入画面でクレジットカード情報を詐取する。

同社は、突然画面にスキャン画像が表示されても、冷静に対応するよう注意を呼びかけている。またCMSのアップデートなどあわせて注意を喚起している。

(Security NEXT - 2011/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
「サイボウズGaroon」にSQLインジェクションの脆弱性
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正