Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F-Secure、検索サイトの精度低下に懸念 - 毎月数百万件のスパムサイトが発生

F-Secureは、スパムサイトの増加で、検索エンジンにおいて精度の高い検索が困難になっている状況を指摘した。同社ではレピュテーション技術のさらなる強化など対策を進める。

「Google」など検索エンジンにおいて、必要なコンテンツアクセスしにくい状況が発生しているもの。背景には、ニュースメディアが配信したコンテンツを無断で二次利用し、配信するクオリティが低いスパムサイトの増加があるという。

同社が、ウェブレピュテーションデータベースへ登録したURLは、2009年末の時点で4400万件だったが、以降1年3カ月間で1億2000万件まで急増した。

検索エンジンでは、こうしたスパムサイトが上位に表示されないようアルゴリズムの修正など実施しているものの、信頼できるウェブサイトが上位表示されなくなるなど、副作用も生じている。

F-Secureでは、毎月数百万件におよぶサイトがあらたに登録しており、今後は億単位になると予測。インターネット上における情報収集をより困難にすると問題を指摘している。

一方スパムサイトでは、IPアドレスの特定を防ぐなど高い技術を利用しているケースもあるなど巧妙化していることから、同社ではスパムサイトをブロックする評価システムを構築しており、「ブラウザ保護」の強化を進める方針。

(Security NEXT - 2011/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か