Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows XPプロダクトキー」を盗む「TROJ_SPNR」亜種4種がランクイン - トレンド月間レポート

トレンドマイクロは、3月における国内外の不正プログラムの検知状況を取りまとめた。震災に便乗した攻撃が多数確認されたほか、情報を詐取する「TROJ_SPNR」の亜種がランキングに4種入っている。

レポートによると、国内および全世界の検出数ランキング1位は「WORM_DOWNAD.AD」。国内ランキングでは、感染すると「Windows XP」のプロダクトキーやウェブブラウザに保存されたパスワードを盗み出す「TROJ_SPNR」の亜種が3位、4位、6位、9位へあらたにランクインしている。

また3月は、東日本大震災に便乗した攻撃が多数確認された。発生翌日の12日から14日にかけて、「earthquake」「japan」「tsunami」など地震関連の言葉が含まれるドメインが100件以上登録されている。

このほか、震災関連情報を装ったウイルスメールや、津波の映像を閲覧できると称した偽動画サイトや検索結果に不正サイトを表示させるSEOポイズニングなども確認した。

また3月下旬には、SQLインジェクションによる正規サイト改ざん攻撃「LizaMoon」が発生。全世界で10万サイト以上の改ざんが確認された。

なかには、改ざんされた日本語サイトから不正サイトへ誘導し、偽セキュリティソフトがダウンロードされた事例も見られたという。

国内の不正プログラム検出状況は以下のとおり。

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:CRCK_KEYGEN
3位:TROJ_SPNR.03CG11
4位:TROJ_SPNR.03CF11
5位:ADW_TENCENT
6位:TROJ_SPNR.04CG11
7位:PE_PARITE.A
8位:WORM_ANTINNY.AI
9位:TROJ_SPNR.03CI11
10位:HKTL_KEYGEN

(Security NEXT - 2011/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移