Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、無線LANのセキュリティ対策を呼びかけ - 対策甘いと犯罪インフラの一部になることも

情報処理推進機構(IPA)は、無線LANのセキュリティ管理について注意を呼びかけている。

無線LANのセキュリティ対策が不十分な場合、ネットワークへの侵入を許し、情報が窃取されたり、「ただ乗り」行為により不正アクセスの踏み台をはじめ、犯罪インフラとして利用される可能性もあるとして注意を呼びかけたもの。

実際に、セキュリティ対策が甘い無線LAN経由で掲示板へ犯行予告の書き込みが行われたり、児童ポルノファイルの入手、銀行口座の販売や詐欺に利用されるなど、事件に巻き込まれるケースが発生している。

同機構では、セキュリティ対策として暗号化方式に「WPA2-PSK(AES)」を選択し、暗号が解読されるおそれがある「WEP」など強度が低い暗号化方式を避けるよう警鐘を鳴らしている。

またパスワードには、アルファベットの大文字や小文字、数字、記号をすべて組み合わせて利用し、最低でも20文字以上の不規則な文字列を設定するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
バッファロー製の一部無線LANルータにリモートよりコマンド実行される脆弱性
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし
無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに複数脆弱性