Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、「IE 9日本語版」を4月26日より提供

日本マイクロソフトは、東日本大震災の影響で公開を延期していた「Internet Explorer 9」日本語版の提供日を4月26日に決定した。

同社では、当初3月15日に公開を予定していたが、3月11日に発生した震災が発生したことを受け、ネットワーク回線への負荷を軽減するために一時提供を延期していた。

今回の公開では、当初ダウンロードによる提供のみに限定し、ベータ版やRC版ユーザーに対する自動更新については、負担軽減のため、今後段階的に実施するするとしている。

(Security NEXT - 2011/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品