Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、「IE 9日本語版」を4月26日より提供

日本マイクロソフトは、東日本大震災の影響で公開を延期していた「Internet Explorer 9」日本語版の提供日を4月26日に決定した。

同社では、当初3月15日に公開を予定していたが、3月11日に発生した震災が発生したことを受け、ネットワーク回線への負荷を軽減するために一時提供を延期していた。

今回の公開では、当初ダウンロードによる提供のみに限定し、ベータ版やRC版ユーザーに対する自動更新については、負担軽減のため、今後段階的に実施するするとしている。

(Security NEXT - 2011/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性