Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、「IE 9日本語版」を4月26日より提供

日本マイクロソフトは、東日本大震災の影響で公開を延期していた「Internet Explorer 9」日本語版の提供日を4月26日に決定した。

同社では、当初3月15日に公開を予定していたが、3月11日に発生した震災が発生したことを受け、ネットワーク回線への負荷を軽減するために一時提供を延期していた。

今回の公開では、当初ダウンロードによる提供のみに限定し、ベータ版やRC版ユーザーに対する自動更新については、負担軽減のため、今後段階的に実施するするとしている。

(Security NEXT - 2011/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「WebExプラグイン」狙う攻撃が発生 - 不正サイト閲覧でコード実行のおそれ
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向