Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSX、クラウド利用を支援するセキュリティ監査サービスを提供

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、クラウド環境のセキュリティ対策を支援する「クラウドセキュリティ監査サービス」を提供開始した。

同サービスは、クラウド環境やクラウドサービスについて評価を実施し、リスク軽減策の実施状況など、情報セキュリティ管理の実態を監査するサービス。情報セキュリティ管理基準をベースに、技術面や利用環境、運用面など多面的に評価する。

「NIST」「ENISA」「CSA」が発行するクラウド関連文書や、経済産業省のクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインに準拠しているという。

具体的には、「情報セキュリティ基準の適用」「監査対象範囲の確定」「監査の実施」「導入、運用に関するセキュリティ要件の改善提言」の4ステップで監査を実施し、改善面について提言を行う。価格は、157万5000円から。

(Security NEXT - 2011/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験