Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CA会長に佐伯達之氏が就任 - 最重要市場「日本」に注力

日本CAは、2011年4月1日付で代表取締役会長に佐伯達之氏が就任したと発表した。

CA Technologiesでは、グローバル戦略で日本市場を最重要市場のひとつに位置付けており、日本法人である日本CAへ同氏を迎え、日本市場における同社認知度の向上やパートナーシップの強化、サービス品質の向上など進め、ビジネスを拡大を目指す。

同氏は、日本IBM取締役副社長やIBMアジア・パシフィック地域パーソナル・システムズ・グループ総括責任者、EDSジャパンの代表取締役社長のほか、ナスダック・ジャパンの代表取締役会長兼CEOを歴任。ナスダック・ジャパン(現ヘラクレス)の創設に携わった。

前職では医薬品情報とコンサルティング・サービスを展開するアイ・エム・エス・ジャパンにて取締役会長を務めている。

(Security NEXT - 2011/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増