Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検疫ネットワークと連携可能になった「InfoTrace PLUS」最新版 - ソリトン

ソリトンシステムズは、統合PC管理ソフト「InfoTrace PLUS」の最新版となる「同バージョン3.2.0」を発売した。

同ソフトは、PCの不正利用を防止するユーザー認証や、外部デバイスの利用を制限するPC操作制御、検疫、シングルサインオン、ログ記録などのセキュリティ機能を搭載したPC管理ソフト。

最新版では、同社の検疫ネットワークアプライアンス「Net'Attest SecurityFilter」との連携を実現。ユーザー単位でネットワークへのアクセスを制御する機能のほか、未登録の持ち込みPCの接続を制限する機能、ポリシー違反PCを隔離する検疫ネットワーク機能などが提供される。

価格は、サーバパックが100万円。PCインストールライセンスが1台あたり「オールインワン版」が1万7000円、「機能選択版」が5000円。

(Security NEXT - 2011/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure