Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

義援金詐欺に狙われやすいスマートフォンや携帯電話 - 不正アプリ登場の可能性も

エフセキュアは、東日本大震災に便乗するネット犯罪を確認しているとして、注意を喚起した。今後は、携帯電話やスマートフォンのユーザーが狙われる可能性も高いとしている。

すでにスパムメールやSNSサービス、SEOポイズニングを利用して義援金詐欺サイトへ誘導する手口が確認されているが、これら攻撃はもちろん、同社では、スマートフォンや携帯電話の特性上、ターゲットになる可能性があると説明する。

これら端末では、アクセスしたウェブサイトのURLが確認しずらいケースも少なくないことから、フィッシング攻撃の対象となる可能性が予測されるという。

同社は、今後は詐欺目的のスマートフォンアプリが公開される懸念もあると指摘。パソコン、モバイル端末に限らず、情報元が信頼できるか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
【熊本地震】募金装う振り込め詐欺に注意 - 「親類全体で義援金送る」と騙す手口も
震災被害や被災者への親切心につけこむ悪質商法へ注意喚起 - 国民生活センター
「熊本地震」に便乗するサイバー攻撃へ警戒を - 標的型攻撃や詐欺サイトなどに注意
約5年前から続く国内企業へのサイバー攻撃「砂嵐大作戦」 - 海外政府が関与か
中間貯蔵・環境安全事業から外部へ不正通信 - ネットワークを遮断
ネパール大地震に便乗する詐欺やマルウェア感染活動に注意を
JAXAのウイルス感染、侵入経路は震災直後の「偽メール」