Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング攻撃、10カ月ぶりに1万8000件超の大台へ - NZ地震の便乗攻撃も

フィッシング攻撃を受けた回数を国別で見ると、米国が47%でもっとも多く、30%でイギリスが続き、2国が他国を大きく引き離している。3位は南アフリカで7.5%だった。

一方ブランド別にみると、米国が43%でトップ、2位に18%のイギリスと変わらないが、3位に6%のオーストラリアとカナダが入っている。ホスト国は66%の米国が突出していた。

(Security NEXT - 2011/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に