Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS、ファイル共有ソフトの解説コンテンツを公開

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、ウェブサイトに「ファイル共有ソフト」の解説ページを追加した。

同協会では、教育機関へ著作権に関する啓発資料の配布など活動を行っているが、ファイル共有ソフトの「しくみ」や具体的な著作権侵害行為についてわかりにくく、指導が難しいといった要望を受け、対応したもの。

「Winny」や「Share」といったファイル共有ソフトのしくみや著作権に関する説明、よくある質問、同協会の活動について説明している。

(Security NEXT - 2011/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
踏み台被害や不正通信を報告せず - 核物質管理センター
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
Lenovoのファイル共有ソフトに複数の脆弱性
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕