Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4分の1の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響

サイバー犯罪において、企業秘密やマーケティング計画文書など企業の情報資産が狙われている。25%の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響が出ているという。

米McAfeeと米Science Applications International Corporationが、米国、英国、日本、中国、インド、ブラジル、中東のグローバル企業のIT担当上層社員1000人以上を対象に調査を実施し、取りまとめたもの。

調査によれば、企業の4社に1社が、情報漏洩により企業買収や新製品の市場投入などが中止になったり、時期が遅れたと回答した。

一方で漏洩発生後に対策を実施した企業は半数と対策が進んでおらず、このような漏洩事件をすべて報告している企業は3割にとどまっているという。

またリスク評価については多くの企業が頻繁に実施しておらず、4社に1社が年2回以下しか実施していない。また企業の6割以上が、あらたなセキュリティ課題として「iPad」「iPhone」「Android」などモバイルデバイスの管理を挙げている。

(Security NEXT - 2011/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映