Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4分の1の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響

サイバー犯罪において、企業秘密やマーケティング計画文書など企業の情報資産が狙われている。25%の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響が出ているという。

米McAfeeと米Science Applications International Corporationが、米国、英国、日本、中国、インド、ブラジル、中東のグローバル企業のIT担当上層社員1000人以上を対象に調査を実施し、取りまとめたもの。

調査によれば、企業の4社に1社が、情報漏洩により企業買収や新製品の市場投入などが中止になったり、時期が遅れたと回答した。

一方で漏洩発生後に対策を実施した企業は半数と対策が進んでおらず、このような漏洩事件をすべて報告している企業は3割にとどまっているという。

またリスク評価については多くの企業が頻繁に実施しておらず、4社に1社が年2回以下しか実施していない。また企業の6割以上が、あらたなセキュリティ課題として「iPad」「iPhone」「Android」などモバイルデバイスの管理を挙げている。

(Security NEXT - 2011/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
Bitcoin分裂危機、一部事業者が取引を一時停止 - 分裂の影響は不透明
疑似環境でサイバー攻撃者を泳がせ、挙動解析する「STARDUST」を開発 - NICT
サプライチェーンリスク、8割弱が認識 - 対策状況把握は「直接委託先のみ」が6割
IPA、「組織における内部不正防止ガイドライン」を改訂
ISMS認証の取得組織が5000件を突破
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」、7年ぶりに改訂 - 経営への影響なども解説