Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大7000件の骨粗しょう症検査受診者の個人情報含むPCが所在不明 - ろっこう医療生協

ろっこう医療生活協同組合において、骨粗しょう症検査に関する個人情報が最大7000件が保存されたノートパソコンが所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているPCは、骨粗しょう症の検査時に使用していたもので、推定で約7000件の個人情報が保存されていた。

骨粗しょう症検査の受診者のカタカナ氏名、生年月日、性別、検査日および検査結果、電話番号を一部流用したID番号などが含まれる。

2月25日に保管場所から紛失していることが判明し、警察へ届けた。データのバックアップを行っておらず、対象者の特定ができないほか、過去の検査データと比較が行えないなど影響があるとしている。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市