Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、一部ユーザーへサポート期間を延長 - 被災者への支援策として

アンラボは、東日本大震災の被災者に対し、製品のサポート期間を3カ月延長すると発表した。

期間中にパソコンを利用できず、期間延長の手続きなども行えないことから、同社セキュリティ対策製品「V3ウイルスブロック」シリーズのサポート期間を延長するもの。

対象は、「青森県」「岩手県」「秋田県」「宮城県」「山形県」「福島県」「新潟県」「長野県」のユーザーで、3月1日の時点で同社と契約しており、同月中に使用期限の終了を迎えることが条件。

特別な手続きは不要で、同社が条件へあてはまるユーザーに対して延長を実施する。

(Security NEXT - 2011/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
「熊本地震」に便乗するサイバー攻撃へ警戒を - 標的型攻撃や詐欺サイトなどに注意
約5年前から続く国内企業へのサイバー攻撃「砂嵐大作戦」 - 海外政府が関与か
中間貯蔵・環境安全事業から外部へ不正通信 - ネットワークを遮断
ネパール大地震に便乗する詐欺やマルウェア感染活動に注意を
JAXAのウイルス感染、侵入経路は震災直後の「偽メール」
【書籍】Facebookの安全利用ノウハウ満載「フェイスブックが危ない」
政府における情報セキュリティの年次報告を発表 - 府省庁CISOによる本格的な報告書も
有識者がもっとも注目した2011年の脅威は「標的型攻撃」 - 「震災」「アノニマス」問題も上位に