Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、パートナー戦略を加速 - 2014年に売上2倍を目指す

シマンテックは、3月8日にメディア向けに企業戦略説明会を開催した。同社代表取締役社長である河村浩明氏は、国内パートナーとの連携強化などを加速させ、2014年をめどに売上を2倍にまで伸ばしたいとの目標を語った。

河村浩明氏
シマンテック代表取締役社長の河村浩明氏

同氏は、2010年12月期決算における売上成長率について、グローバルで5%の成長を確保する一方、日本国内では円ベースで19%の売上増を達成するなど、国内市場の順調な伸びをアピール。26%が新規ライセンスによる成長だったほか、大企業向けの販売が好調だった。

従来より進めている同社の重点施策のひとつ「ディストリビューションチャネルの向上」については、同氏は日本国内市場の特徴を「硬直的」と表現。「一気にシェアを奪うことは難しい」と指摘。

売上を伸ばすには、いかにパートナーから製品を選択してもらえるかがポイントになるとし、同氏は「専門性を持つパートナーの育成など通じて、エンドユーザーにメリットを提供していく」と説明した。

(Security NEXT - 2011/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業