Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SpyEye亜種」を国内外で観測、今後の活動に注意 - トレンド月間レポート

トレンドマイクロは、2月における国内外の不正プログラムの検知状況を取りまとめた。

レポートによると、国内ランキングの1位は「WORM_DOWNAD.AD」で、検出数は4570件だった。前月5000件以上検出され上位だった「CRCK_GETCPRM」は早くも10圏外へ消えている。

ファイル共有ソフト経由で感染し、情報漏洩にもつながる暴露型ウイルス「WORM_ANTINNY」は、前月に引き続き多数検出されており、5位と8位に入っている。

7位には、2月に登場したネットバンキングの口座情報を盗むボット「SpyEye」の亜種「TROJ_SPYEYE.SMEP」が新規ランクインした。

(Security NEXT - 2011/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に