Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sophos Anti-Virus」が「RHEL 6」をサポート

ソフォスは、セキュリティ対策製品「Sophos Anti-Virus for Linux」が「Red Hat Linux Enterprise 6」をサポートしたと発表した。

3月3日から開始した3月のアップデートにより対応し、対応プラットフォームを強化したもの。今回のアップデートにより、「バージョン7.3.1」となる。

(Security NEXT - 2011/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル
カスペルスキー、法人向けメールセキュリティ製品に新版
キヤノンITS、ヒューリスティック検知を備えたメールセキュリティ製品
カスペルスキー、Linux向けメールセキュリティ製品を発売
ブランコ、仮想マシンや仮想ディスクのデータを完全消去する2製品を発売
JP-Secure、「Ubuntu」などホスト型WAFの対応OSを拡充 - 「FreeBSD」も対応予定
HDE、「RHEL 6.3」と「CentOS 6.3」に対応したウイルス対策ソフトを発売
HDE、サーバ向けウイルス対策製品を発売