Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル感染型ウイルス「W32/Ramnit」の検知数が急増 - マカフィーまとめ

マカフィーは、同社が2月に検知したマルウェアなどの状況を取りまとめた。ファイル感染型ウイルス「W32/Ramnit」の亜種が検知データ数ランキングで上位を占めるなど、動きを見せている。

同社がまとめた検知企業数およびマシン数ランキングのトップは、前月と変わらずリムーバブルメディア経由で感染する「Generic!atr」で検知数も大きな変動はなかった。引き続き外部メディア経由で広がる「W32/Conficker.worm」も上位に入っている。

また「Generic FakeAlert.am」が検知企業数の3位、マシン数の7位に新規ランクインした。「SecurityTool」や「Security Sheild」「System Tool」などとして出回る偽セキュリティ対策ソフトを検知したもので、メールの添付ファイルやウェブ経由のドライブバイダウンロード攻撃で感染する。

一方、検知データ数ランキングには目立った動きがあった。あらたにランクインした「W32/Ramnit」の亜種が1位と2位を占め、検知数も3位以下を大きく引き離している。

(Security NEXT - 2011/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に