Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

試験問題を質問サイトに投稿した受験生が逮捕

京都大学などの入試問題が、インターネットの質問サイトへ試験時間中に投稿された問題で、関係したと見られる受験生が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

今回の件を受け、関連する大学では被害届を提出。警察による捜査が進められていたもの。書き込みには携帯電話が利用されており、関連する受験生を特定し、京都府警は3月3日に東北地方の予備校生を逮捕した。

早稲田大では、投稿された内容と酷似した答案1枚を発見し、答案を作成した受験生を不正行為と断定し、結果をすべて無効にした。また他大学についても、捜査により不正が判明した場合には、合格の取り消しなど対応を検討するとしている。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
課外講座の出席簿が教室内で所在不明に - 近畿大
県立高校で生徒情報を紛失、車上荒らしか - 神奈川県
教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大
案内メール誤送信でメールアドレスが流出 - JAVADA