Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレスリリース送信で誤送信が発生 - PR会社

MSL Japanは、メールの誤送信が発生し、誤って受信者間でメールアドレスが確認できる状態が発生したことを公表した。

2月25日に同社が受託しているビジネスソフトウェアアライアンスのプレスリリースを報道関係者へ送信した際、誤って「CC」を利用したことから、メールアドレスが流出したもの。

同社では通常、プレスリリースの配信にあたり外部システムを用いていたが、突発的な理由から通常とは異なる従業員が送信を担当したところ、操作ミスが発生したという。

送信先のメールアドレスに、一部個人のメールアドレスが含まれていたため、同社では関係者へ謝罪を実施。メールの削除を依頼した。

同社では今回の件を受け、社内においてBCC配信の禁止や、配信システムの徹底など再発防止策を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
再就職促進事業でメール誤送信、メアドが流出 - 下関市
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信