Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SafeNet、「Amazon EC2」に認証や暗号機能を提供

米SafeNetは、「Amazon EC2」および「Amazon VPC」の利用者向けに、サーバとストレージをベースとした暗号化機能を提供すると発表した。

同社では今回の提供について、PCI DSSの準拠要件に適した認証機能や、ストレージの暗号化を提供することで、クラウドサービス上における個人情報やクレジットカード会員データの保護が可能になるとしている。

具体的には、仮想サービスの管理や、クラウド環境で実行される準備段階の認証や承認のコントロールできるサーバベースの暗号化ツール「SafeNet ProtectV Instance」を提供。

さらにブロックレベルでストレージを暗号化できる暗号化ツール「SafeNet ProtectV Volume」を提供する。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム