Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SafeNet、「Amazon EC2」に認証や暗号機能を提供

米SafeNetは、「Amazon EC2」および「Amazon VPC」の利用者向けに、サーバとストレージをベースとした暗号化機能を提供すると発表した。

同社では今回の提供について、PCI DSSの準拠要件に適した認証機能や、ストレージの暗号化を提供することで、クラウドサービス上における個人情報やクレジットカード会員データの保護が可能になるとしている。

具体的には、仮想サービスの管理や、クラウド環境で実行される準備段階の認証や承認のコントロールできるサーバベースの暗号化ツール「SafeNet ProtectV Instance」を提供。

さらにブロックレベルでストレージを暗号化できる暗号化ツール「SafeNet ProtectV Volume」を提供する。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec