Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SafeNet、「Amazon EC2」に認証や暗号機能を提供

米SafeNetは、「Amazon EC2」および「Amazon VPC」の利用者向けに、サーバとストレージをベースとした暗号化機能を提供すると発表した。

同社では今回の提供について、PCI DSSの準拠要件に適した認証機能や、ストレージの暗号化を提供することで、クラウドサービス上における個人情報やクレジットカード会員データの保護が可能になるとしている。

具体的には、仮想サービスの管理や、クラウド環境で実行される準備段階の認証や承認のコントロールできるサーバベースの暗号化ツール「SafeNet ProtectV Instance」を提供。

さらにブロックレベルでストレージを暗号化できる暗号化ツール「SafeNet ProtectV Volume」を提供する。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研