Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入学試験が試験時間中にネット上へ流出 - 京大など

京都大学において、入試問題が外部に流出していたことがわかった。他大学でも同様の行為が行われたことが判明するなど波紋が広がっている。

質問を投稿し、他利用者から回答を募集する「Yahoo! 知恵袋」に、試験問題が書き込まれ、回答の募集が行われていたもの。

25日に数学、26日に英語に関する試験問題が試験中に書き込まれ、複数の回答が寄せられるケースもあった。いずれも同じIDで、携帯電話から投稿が送信されていたと見られている。

また同じIDによる問題の流出は、同志社大や立教大、早稲田大など、同大以外の試験でも行われていたと見られており、関連する各大学では、警察へ被害届の提出や調査、警察への相談など対応を進めている。

今回の流出を受け、京都大や立教大では警察へ被害届けを提出。当初どおり合格者を発表するものの、不正行為が判明した場合は合格を取り消すとしている。

通常試験中は、試験官による監督が行われており、どのような経緯で情報のやり取りが行われたかについても、注目が集まっている。

(Security NEXT - 2011/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
課外講座の出席簿が教室内で所在不明に - 近畿大
県立高校で生徒情報を紛失、車上荒らしか - 神奈川県
教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大
案内メール誤送信でメールアドレスが流出 - JAVADA
市立中学で成績情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市